本紙鎌手販売所1周年 神楽や出店にぎわう 益田

種神楽保存会の舞を楽しむ来場者
 山陰中央新報鎌手販売所(益田市西平原町、佐々木篤生所長)が開所1周年を記念し4日、販売所近くの総菜店駐車場で、地元神楽社中による石見神楽公演を開いた。来場者約50人が勇壮華麗な舞を堪能した。

 日頃の感謝の気持ちを表そうと企画。鎌手地区に隣接する種地区を拠点に活動し益田市内有数の歴史を誇る種神楽保存会が出演し「八幡」や「塵輪(じんりん)」など5演目を披露した。

 地元住民が日よけのテントに入って鑑賞。同市立東陽中学校2年、河上典矢さん(13)は「神楽は楽しい。これからもこういうイベントがあればいいと思う」と話した。

 さざえ飯やかき氷、たこ焼き、焼き鳥、焼きまんじゅうなどの出店もあった。

 佐々木所長(54)は「多くの人に来ていただきありがたい。今後も地域に根ざした活動を続けたい」と話した。

2019年8月5日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ