夕日スポットで音楽と食楽しむ 27日・浜田 JR折居駅会場に

JR折居駅の前で、イベントに向けて打ち合わせをする大麻地区自治会のメンバー
 JR折居駅(島根県浜田市西村町)から見える日本海の景観を生かして地域活性化につなげようと、地元の大麻地区自治会が27日に、同駅付近で「折居海岸サンセットライブ」を初めて開く。海が目の前にあり、観光客や写真愛好家に人気のスポットで、住民や県立大生らが駅舎の外壁を塗り替えるなどして会場を整備。美しい夕日を見ながら地元バンドの演奏と飲食を楽しんでもらい、にぎわい創出につなげる。

 同自治会の目的と、駅の利用客を増やしたいJR西日本米子支社浜田鉄道部の思いが一致して企画。イルカが姿を見せることもある日本海の景観に親しんでもらう。県西部を中心に活動する「ダミアンズ」などのバンド演奏をはじめ、同駅近くのカフェや住民有志によるビールやかき氷、焼き鳥をはじめ、地元産の野菜の販売など6店舗が並ぶ。

 ペンキが剥げかけていた駅舎は、県立大生がデザインを考え、6月から住民や学生などが塗装を続けてきた。27日に住民が駅舎の一角を塗って仕上げる。

 同駅は1924年4月に開業。大麻地区や同市三隅町の主要駅だったといい、切符用窓口が二つ残っている。昭和初期ごろまでは、同駅と山間部などを結ぶバスが走り、線路と並行する国道9号沿いには商店が立ち並んでいたという。

 通学や通勤で同駅を利用していた同自治会の辻野一正会長(79)は「折居駅から見える景色は素晴らしい。ぜひ来てもらいたい」とイベントの盛り上がりに期待を寄せる。

2019年7月25日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ