きらめく星 木星、土星と天の川

7月下(げ)旬(じゅん)午後10時ごろ、8月上旬午後9時ごろの山陰の空
この夏だけの特別な眺め

 夏の夜、頭の真上あたりに、たいへん明るい星が光っています。こと座(ざ)のベガです。そこから、南東に向かって目線を下げていくと、ベガよりも少し暗い星が見つかります。こちらは、わし座のアルタイルといいます。二つの星は、七夕(たなばた)にちなんだ名前の方が有名かもしれません。ベガは織(お)り姫星(ひめぼし)、アルタイルが彦星(ひこぼし)です。

 これらの間にぼんやりした雲のようなものが見えたら、それが天(あま)の川(がわ)です。7月7日は過(す)ぎましたが、旧(きゅう)暦(れき)という昔のカレンダーでの7月7日にあたる「伝統(でんとう)的(てき)七夕」は、今年は8月7日ですから、またぜひ七夕の星を見てください。

 今度は天の川を南にたどっていきましょう。するとその右側に、ベガよりももっと明るい星があります。どの星よりも明るいので、すぐ目につくでしょう。これは木星(もくせい)です。木星の右下には、さそり座のアンタレスという赤っぽい星も見えます。

 木星は太陽の周りを回る惑星(わくせい)の一つです。惑星は、星座から星座へと少しずつ移(い)動(どう)して見えるため、いつも同じ星座のところにあるわけではありません。木星はたまたま今、さそり座のそばに見えているのです。

 木星の左の方、天の川をはさんだ反対側にも、ベガと同じぐらい明るい星があります。土(ど)星(せい)です。土星も惑星ですから星座の中を動き、今年はこの位置に見えています。

 街明かりがあって暗い星が見えないような空でも、七夕の二つの星の間から、木星と土星の間に向かって、天の川が流れていると見当(けんとう)をつけることができます。せっかくなので、夏の間に星のよく見えるところに出かけ、天の川を見てください。織り姫星と彦星だけでなく、木星と土星も天の川の両岸に輝(かがや)くというのは、この夏だけの特別な眺(なが)めです。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)

2019年7月24日 無断転載禁止

こども新聞