私の訴え 2019参院選 若者定住へ仕事を

原三千恵さん
主婦

島根県川本町因原

原三千恵さん(76)

 大阪で5年働いて、古里の川本町に戻ってから子育ての時期を除き、地元企業で約33年間、事務職をしてきた。町の地域婦人会副会長を務めながら、長年地域を見てきた。過疎化の進行とともに地元から病院や金融機関が減り、JR三江線もなくなった。子どもの声も減って寂しい。中央から見捨てられた気がする。若い人の地方定住推進のため、地域の特産品を生かして仕事をつくってほしい。

2019年7月14日 無断転載禁止