選手団体「なでしこケア」を設立 サッカー女子、社会貢献目指す

 なでしこケアの設立発表記者会見に臨んだサッカー女子の(右から)大滝麻未、熊谷紗希、近賀ゆかり=12日、東京都内

 サッカー女子日本代表主将の熊谷紗希(リヨン)らが12日、東京都内で記者会見を開き、競技の普及や選手のキャリア構築支援、社会貢献などを目指す「一般社団法人なでしこケア」の設立を発表した。女子選手でつくる団体で、代表理事に就任した熊谷は「日本女子サッカーの未来のために、何ができるか考え、探し、行動していく」と意気込みを述べた。

 元日本代表で国際サッカー連盟(FIFA)が運営する大学院「FIFAマスター」で学んだ経験を持つ大滝麻未(千葉)が発案者。選手のセカンドキャリア支援のための勉強会を開いたり、難病の子どもやその家族を訪問したりする計画があるという。

共同通信社 2019年7月12日 無断転載禁止