ビアフェスにいらっしゃい 江津 19日から17店集合

間近に迫ったビールフェスタについて打ち合わせをする山口厳雄さん(左)と梓さんの夫妻
 島根県西部を地ビールのメッカにしようと創業した「石見麦酒」(江津市嘉久志町)が19~21日、江津市後地町の商業施設・神楽の里舞乃市で「石見地ビールフェスタ」を開く。地ビールメーカー5社が出展するほか、石見麦酒の創業のきっかけとなった市のビジネスプランコンテストが今年で10回目を迎えることから、コンテストの起業家仲間も加わり、地元食材を使った料理などを提供し、地ビールのまちをアピールする。

 石見麦酒は県外からIターンした山口厳雄さん(42)、梓さん(41)夫妻が2015年に設立。創業に先立って江津市のコンテストに出場し、地元の農産物などを原料にした醸造計画や、ビアフェスティバルの開催による振興構想を披露し、大賞を受賞した。18年7月には1回目のフェスティバルを市内で実施し、夢を具体化した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ