華やかに傘踊り奉納 しゃんしゃん祭成功祈願祭 鳥取・宇倍神社

傘踊りを奉納する鈴の音大使の3人
 鳥取市の夏の風物詩・第55回鳥取しゃんしゃん祭(同祭振興会主催)を控え成功祈願祭が10日、同市国府町宮下の宇倍神社であり、関係者が祭りの盛り上がりを願った。

 振興会長を務める深沢義彦市長たち約20人が出席して神事を行った。その後、祭りをPRする「鳥取しゃんしゃん鈴の音大使」の石田梨沙さん(25)、大平華鈴さん(21)、森下日菜子さん(21)が傘踊りを奉納。スローテンポの曲「鳥取しゃんしゃん傘踊り」に乗り「ハイ、ハイ、ハイ」と掛け声を上げながら金銀の短冊や鈴の付いた傘を操った。

 大平さんは「雨が心配だったが無事晴れた。当日も踊り子のパワーで晴れにするよう頑張りたい」と意気込んだ。

 祭りは8月13日の前夜祭で開幕。14日に一斉傘踊りがあり、15日の花火大会で締めくくる。

2019年7月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ