B1 スサマジ ホームで開幕戦 10月5日、名古屋Dと

 バスケットボール男子のBリーグは8日、今季2019~20年シーズンの日程を発表した。2年ぶりに1部(B1)に復帰する西地区の島根スサノオマジックの開幕戦は10月5日、ホームの松江市総合体育館に同地区の名古屋ダイヤモンドドルフィンズを迎える。

 名古屋Dは昨季B1西地区2位で、日本代表FWを擁する攻撃型のチーム。昨季の主力が多く残り、優勝候補に挙がる。

 レギュラーシーズンは60試合で、半分をホームで戦う。島根の前半のホーム戦は、いずれも松江市総合体育館である11月2、3日の川崎ブレイブサンダース(中地区)戦、12月20、21日のアルバルク東京(東地区)戦に注目だ。

 ホーム戦は23試合がある松江市総合体育館を中心に、鹿島総合体育館、カミアリーナ、島根県立体育館、安来市民体育館で行う。

 B1の開幕戦は10月3日に横浜アリーナである、川崎と宇都宮ブレックス(栃木ブレックスから名称変更、東地区)の試合に決まった。3連覇を狙うA東京は同5日に新潟アルビレックスBB(中地区)と対戦する。

2019年7月9日 無断転載禁止