園児が包丁握りアジさばいたよ 川本・因原保育所

母親と一緒にアジの3枚おろしに取り組む園児たち
 島根県川本町因原の因原保育所でこのほど、魚料理の体験教室があった。園児が保護者たちと一緒に、包丁を使ってアジを三枚におろし、蒲焼き丼などを作って味わった

 同保育所では毎年、和食をテーマにした「親子クッキング」体験を実施しており、2~5歳児12人と保護者11人が参加。園児は、川本図書館の司書による料理をテーマにした絵本の読み聞かせ、保護者は、川本小学校の栄養士からだしなどを学ぶ講義を受けた後、3班に分かれて調理した。

 町食生活改善推進協議会の食生活改善推進員3人が魚の三枚おろしの手本を示した後、参加者が挑戦。園児は、魚の血や内臓に怖がりながらも、保護者や保育士の手助けを受け、包丁を握って懸命におろした。ジャガイモやニンジンなどの皮をむき、みそ汁も作り、保護者と一緒に味わった。

 神吉縫ちゃん(4)は「難しかったけど、楽しかった」と笑顔を見せ、母親の美穂子さん(32)は「一緒に料理する機会はあまりないので、貴重な体験になった」と話した。

2019年7月5日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ