横田男子V 全国へ 中国高校ホッケー

【男子リーグ戦・横田-八頭】第4クオーター、ペナルティーコーナーからシュートを放つ横田の松崎唯斗(左)=江尻レストパーク
 南部九州総体(インターハイ)出場を懸けた第40回中国高校ホッケー選手権最終日が23日、岡山市の江尻レストパークであり、リーグ戦で争った男子は横田が八頭と1-1で引き分けて3勝1分けで優勝。29年連続35度目の全国切符をつかんだ。女子は決勝で八頭が横田を2-0で下し、3年ぶり22度目の出場。横田は2016年以来3年ぶりにインターハイを逃した。男子の八頭は2勝1分け1敗で3位に終わった。2位の高森(山口)がインターハイに出場する。南部九州総体のホッケーは7月27日から5日間、宮崎市で行われる。

2019年6月24日 無断転載禁止