朝食しっかり食べよう 浜田 「食育」の啓発活動

通学中の学生にチラシを配る浜田市食育推進ネットワーク会議のメンバー
 規則的な食習慣の大切さを訴えようと、官民でつくる浜田市食育推進ネットワーク会議のメンバー15人が19日、浜田市浅井町のJR浜田駅前で啓発チラシを配布し、通学途中の学生たちに朝食を食べるよう呼び掛けた。

 10代から20代の若者が、朝食を食べない割合が高い傾向を改善しようと、同ネットワークは2017年から「食育月間」(6月)と「食育の日」(毎月19日)が重なる6月19日に合わせて、啓発チラシの配布を実施している。配布には、市職員や幼稚園教諭、保育士など15人が通学時間に合わせて午前7時半に集合。「朝食を食べようね」「健康的に生活しよう」と声掛けしながら220部を配った。

 同ネットワークの宮本美保子会長(71)=浜田市金城町久佐=は「朝食を取ると脳が活性化されて健康的な1日が過ごせる。大切さを改めて考え、実践してほしい」と話した。

2019年6月20日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ