園児とお年寄り 一緒に土いじり 益田・万葉公園で花壇作り

花壇に花の苗を植える参加者
 益田市高津町の県立万葉公園でこのほど、「世代交流ふれあい花壇作り」があり、園児やお年寄りが和気あいあいと花壇に花の苗を植えた。

 季節の花を植え、心身の安らぎを感じてもらおうと、同公園が緑による癒やしの「グリーンセラピー」事業として約20年前から実施している。今回は、マリーゴールドとガザニア計450本を用意した。

 市内の特別養護老人ホームの入所者や保育所の園児ら約100人が参加。同公園管理センターの野村茂浩所長(58)らスタッフの指導を受け、花壇に丁寧に植えた。お年寄りは元気いっぱいの園児のしぐさに目を細め、一緒に土いじりを楽しんだ。

 野村所長は「来園者にきれいな花を楽しんでもらえれば幸いだ」と話し、認定こども園原浜保育所(益田市久城町)の安達佑聖(ゆうせい)ちゃん(5)は「これからいっぱい咲くといいな」と笑顔で話した。

2019年6月17日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ