将棋の里見香奈、最多タイ五冠に 女流王位を奪還

 女流王位戦で勝利した里見香奈女流五冠=13日午後、徳島市 里見香奈女流王位

 将棋の第30期女流王位戦5番勝負の第4局は13日、徳島市で指され、挑戦者で後手の里見香奈女流四冠(27)が96手で渡部愛女流王位(25)を破り、対戦成績3勝1敗で前期失った女流王位を奪還、7タイトルのうち五冠を保持して自身の持つ最多記録に並んだ。

 これで女流王位獲得は通算5期となり、クイーン称号を手にした。里見女流王位は2013年、初の女流五冠を達成したが、14年は体調不良による休場もあって一冠まで後退。15年の復帰後は調子を取り戻して今回、女流王座、女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花を同時に保持、自身3度目の五冠となった。

共同通信社 2019年6月13日 無断転載禁止