なでしこの監督、次戦へ切り替え 「自分たちで打開」と意気込む

 レンヌ入りし、記者の質問に答える高倉監督=11日(共同)

 【レンヌ(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会を戦う日本代表「なでしこジャパン」の高倉監督は1次リーグD組でアルゼンチンと0―0だった第1戦から一夜明けた11日、第2戦が行われるレンヌで「自分たちでつくった状況は、自分たちで打開していくしかない」とスコットランド戦(14日)に向けた意気込みを語った。

 押し込み続けながら無得点だった初戦を「あそこまで(相手が)引いてくるのは予想していなかった」と振り返る一方で「20時間くらいで回復した」と気持ちの切り替えを強調した。

 スコットランドはサイドに速さや力強さのあるアタッカーを擁する。

共同通信社 2019年6月12日 無断転載禁止