50~70年代の名車ずらり 益田、空冷式エンジンの集い

往年の名車を見て楽しむ来場者
 往年の名車を集めた「第2回空冷式エンジンの集い ポンフェス!!」が9日、益田市高津町の県立万葉公園駐車場であった。県内をはじめ福岡県や山口県などからの来場者が、懐かしさを感じさせる約半世紀前のフォルクスワーゲンを間近で見て楽しんだ。

 地元や出雲市などの愛好者でつくる益田ポンコツ会(中村陽介会長、13人)が昨年に続いて企画。「ビートル」と呼ばれるフォルクスワーゲンタイプ1や、ワーゲンタイプ2、タイプ3、ワーゲンカルマンギアなど1950~70年代の名車を中心に約60台が並んだ。

 来場者は車体や内装、エンジンなどをじっくり確かめ、「(車体の)デザインがいい」「曲線美がセクシーだよね」などと感想を話し合った。飲食ブースやフリーマーケットも開設され、にぎわった。

 中村会長(38)=益田市高津6丁目=は「愛好者が集い、互いの愛車を見て刺激を受けるとともに、故障した際、自分で直す方法について情報交換するのが狙い。今後も開き、多くの人に名車の魅力を伝えたい」と話した。

2019年6月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ