植物 不思議がいっぱい 大田・川合小で樹木医授業

講師の岩谷美苗さん(左端)の説明を聞く児童たち
 大田市川合町の川合小学校で28日、同校卒業生で樹木医の岩谷美苗さん(52)=埼玉県在住=を講師に招いた「樹木学習」があり、1、2年生15人が、発光性や洗浄効果など植物が持つ機能や不思議、面白さについて実験を通して学んだ。

 学習では、水で先をぬらしたアオダモの枝で文字を書き、文字を紫外線ライトで照らすと、樹液に含まれた発光物質が淡い青色の光を放つ実験を行った。

 ムクロジの実の皮の洗浄効果についても学習。実から剥いだ皮を水と共にペットボトルの中に入れ、一緒に振ることで徐々に洗剤のように泡立ち、布の汚れを落とすことができることも学んだ。

 岩谷さんは「植物から学ぶことは多い。アイデア次第で楽しみ方もたくさんある」と児童に呼び掛けた。2年の青木陽愛さん(7)は「楽しかった。いろんな植物で遊んでみたいと思った」と感想を述べた。

 学習は、川合町など地元の市民有志で組織する「子どものえがお」運営委員会が主催。2019年度には今回を含めて計3度、岩谷さんを同校に招き、中・高学年も対象にして実施する予定。

2019年5月29日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ