多彩な催し 子ども笑顔 おもちゃ作り、読み聞かせ…

おもちゃ作りを楽しむ子どもたち
 江津市こどもまつりがこのほど、同市嘉久志町の市地場産業振興センターであった。市内の子育て関連団体が、おもちゃ作りなど多彩なブースを出展し、親子連れなど約1千人の来場者が、休日のひとときを楽しんだ。

 会場では、ペットボトルや牛乳パックでおもちゃを手作りするコーナーをはじめ、知育遊具やバランス遊具で遊んだり、紙芝居や絵本を読み聞かせたりするイベントがあり、子どもたちの歓声が響いた。

 地元の保健師や栄養士が、栄養バランスなどを考えた子ども向けの料理を紹介するコーナーもあり、若い母親たちが興味深そうに聞いた。

 津宮小学校3年の小川菜津海さん(8)は「おもちゃの工作が楽しかった」と笑顔を見せた。

 まつりは、地域一丸となった子育て環境の整備を目的に2006年度に始まり、今回は、市子育てサポートセンターなど18団体で実行委員会を設立して企画した。

2019年5月27日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ