個性的な置物やつぼ50点 浜田 陶芸教室受講生が展示

えとにちなんだ置物などに見入る来場者
 浜田市三隅町向野田の三隅公民館の陶芸教室受講生10人による作品展が、同町岡見の三隅発電所ふれあいホールで開かれており、えとにちなんだかわいらしい置物など50点が、来場者の目を楽しませている。31日までで、月曜日は休館。

 作品展には、昨年度の陶芸教室の受講生が、つぼや茶わん、花瓶、かぶと型の模型などを出品。このうち、高さ10センチ程度で、今年のえとにちなんだイノシシや来年のえとのネズミの置物は、形や表情が一つ一つ異なり、来場者がじっくりと鑑賞している。

 江津市後地町の飯田淳子さん(71)は「それぞれの作品に個性があってかわいらしく、見て楽しめた」と笑顔で話した。

 作品展は、陶芸教室の成果発表の場として毎年開いている。

2019年5月23日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ