もりふれ倶楽部(松江)大臣表彰 自然体験指導や森林整備

表彰状を手に受賞を喜ぶ野々村俊成理事長(左)と野田真幹事務局長
 自然体験の指導や森林整備を手掛けるNPO法人もりふれ倶楽部(松江市宍道町佐々布、野々村俊成理事長)が、2019年度の「みどりの日 自然環境功労者」の「自然ふれあい部門」で、環境大臣表彰を受けた。長年にわたる森林や里山保全の啓発活動が評価された。会員は「地道な取り組みが認められて誇らしい」と喜んでいる。

 もりふれ倶楽部は04年、ふるさと森林公園(松江市宍道町佐々布)の管理を目的に発足した。現在は男女170人が所属し、園内整備や山菜採り、竹細工を楽しむ「里山自然塾」を毎年開催している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月16日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ