女子ログ 大型連休

 平成から令和へ時代が変わった。今年のゴールデンウイークは10連休だった。とはいえ、接客業に就く私と主人に連休は関係ない。ありがたいことに観光地は大忙しだった。

 友達の会員制交流サイト(SNS)を眺めていると「海外旅行にいってきます」「実家に帰っています」「家族旅行中です」という投稿が多く、写真を見ているだけで楽しめた。

 大型連休で困るのは休みの子どもたちを誰に見てもらうかということ。幸いにわが子の通う幼児園は10連休中3日間預かってもらうことができた。その他はシフトを調整して休んだり、祖父母にお願いした。

 共働きが当たり前の今、こういう状況はわが家だけではない。まして核家族や近くに親族がいないIターンの家族などは子どもを預けるところもなく大変だろうと思う。

 小学校統廃合問題で揺れる島根県奥出雲町だが、今後子育て世代のU・Iターンを増やし、子どもを増やしていくには「地域で子どもを育てる」という面からいろいろなサポートが必要だと感じる。

 子育て世代は育児・家庭・仕事で精いっぱいな日々を送っているということを知ってもらいたい。

 (奥出雲町・えちご)

2019年5月13日 無断転載禁止