益田の高津川公園再生へ 地元自治会などが環境整備

高津川公園の再生に向け、植栽活動に取り組む参加者
 水害で荒れ果てていた益田市高津町の高津川河川敷にある高津川公園を市民の憩いの場として再生させようと、地元の川丁自治会(太田和敏会長)とスポーツクラブの「ペガサスクラブ」(大達隆人代表)が協力し、環境整備に力を入れている。グラウンドゴルフ場の開設に向けた整地や花の植栽などに取り組み、イベント開催の構想も温めている。

 同公園は、高津川左岸の高角橋近くから下流の鉄橋までにかけて広がり、敷地面積は約7千平方メートル。市が整備して1974年3月に完成し、自転車で走ることができるコンクリートの舗装道や広場を備える。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年4月26日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ