シロイルカ 空を悠々 変わり種こいのぼり アクアス

シロイルカ(右)やトビウオ(中央)など変わり種のこいのぼり
 浜田市と江津市にまたがる水族館アクアス前の中央広場に、シロイルカやトビウオなど6種類のこいのぼりがお目見えし、変わり種のこいのぼりが来館者を楽しませている。5月11日まで。

 端午の節句(5月5日)にちなんで同館が毎年企画。飼育している生き物を中心に、シロイルカ(長さ5メートル)、サメ(同4メートル)、ペンギン(同)、トビウオ(同3メートル)、ダイオウイカ(同10メートル)、リュウグウノツカイ(同7メートル)の中から3種類を毎日入れ替えて泳がせている。

 広場では、修学旅行生や家族連れが珍しそうに眺めたり、記念写真を撮ったりしている。家族で訪れた広島県福山市の主婦番匠谷千晶さん(29)は「見たことのないこいのぼりを子どもと一緒に楽しむことができて、よい思い出になった」と喜んだ。

2019年4月22日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ