258グラムで出生、無事退院 長野、「世界最小」の男児

 母親の関野俊子さんに抱かれ、長野県立こども病院を退院した竜佑ちゃん=20日午後、長野県安曇野市

 長野県立こども病院(同県安曇野市)で昨年10月、体重わずか258グラムで誕生、その後順調に成長していた関野竜佑ちゃんが20日、無事に退院した。同病院によると、元気に退院した男児としては世界最小とみられる。4月19日時点で3374グラムまで成長し、健康状態も良好という。

 竜佑ちゃんは母俊子さんに抱かれ、父康平さん(45)、3人のきょうだいと一緒に、病院関係者に見送られながら退院した。

 世界の超低出生体重児を記録する米アイオワ大のデータベースによると、これまで男児で世界最小だったのは、慶応大病院で昨年、268グラムで生まれた東京都の赤ちゃんだった。

共同通信社 2019年4月20日 無断転載禁止