魅力発信へ あめつち増発 7~9月「アフター山陰DC」

「アフターデスティネーションキャンペーン」で臨時運行が計画されている観光列車「あめつち」(資料)
 JRグループと島根、鳥取両県などの大型観光企画「山陰デスティネーションキャンペーン(DC)」を展開する、官民26団体でつくる協議会が18日、米子市内で総会を開き、西日本豪雨で客足が伸びなかった昨年からの巻き返しに向け、3カ年計画の最終年となる今年7~9月の実施計画を固めた。JR西日本の観光列車「あめつち」を増発運行するほか、新元号「令和」の典拠となった万葉集ゆかりのスポットを紹介するガイドブックも作製して両県周遊を促す。

 DC中間年だった昨夏は、開始直後の7月の西日本豪雨で山陽、関西とつながる特急列車が長期運休を余儀なくされ、両県で宿泊キャンセルも相次いだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年4月19日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ