住民ら手作り帽子や陶器販売 浜田の民家ギャラリー

展示販売されている手作り品を見る来場者
 民家を活用した私設ギャラリー「お家ぎゃらりぃ」(浜田市片庭町)で13日、春の展示販売会が始まった。住民らが手作りした帽子や陶器などが販売され、来場者が一つ一つ手に取りながら見入っていた。15日まで。

 ギャラリーは、大阪府からUターンした坂本千賀子さん(70)が地域で交流の場を作ろうと、自宅の部屋を活用して2014年に開設。年2~3回、坂本さん自身や小中高時代の同級生らの作品を集めた「お家deぎゃらりぃ」と称したイベントを開いている。

 今年初めてとなる展示販売会では、2部屋を使って手編みの帽子、アクセサリー、タペストリー、陶器の茶わんなどを販売し、来場者たちが、じっくりと品定めをしていた。

 坂本さんは「回を重ねるごとに、楽しみにしてくださる方も増えてきた。力作ぞろいなので、ぜひ訪れてほしい」と話した。

 開店時間は午前10時から午後4時。問い合わせは同ギャラリー、電話0855(22)3525。

2019年4月15日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ