春の門出祝い パチリ 萩・石見空港 滑走路で記念撮影会

滑走路で記念撮影する(左から)小野春美さん、涼太さん、力さん
 萩・石見空港(益田市内田町)の羽田便利用者を対象にした滑走路での記念写真撮影会がこのほど、同空港であった。今春に地元の高校を卒業し、首都圏の大学に進学する小野涼太さん(18)と両親が春の門出を祝って撮影し、一生に一度の思い出をつくった。

 個人客の空港利用促進を目的に、県が2018年10月に続いて企画し、6組が応募。この日は、益田高校を卒業し、春から大正大(東京都)で学ぶ涼太さんと父・力さん(49)、母・春美さん(51)が参加した。

 普段は入れない滑走路の中央付近に車で到着した3人はスマートフォンなどを使い、早速撮影を開始。石見神楽の演目に出てくるえびす様との記念ショットもあり、撮影を通して地元の空港への愛着を深めた。

 涼太さんは「なかなかできない経験だった。今後は、大学と益田とのパイプ役になりたい」と希望を膨らませた。

 力さんは「滑走路に入ることができ、貴重な経験だった」と話し、春美さんは「(息子は)故郷を初めて出る。たくさんの経験を吸収し、まっすぐ成長してほしい」と願った。

2019年4月10日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ