観光スポットや動物、人物 大田 市民が激写の力作178点

力作の数々を眺める市民たち
 大田市民、出身者や市内の事業所・学校在籍者を対象にした市文化協会の写真展が、同市大田町の市民会館で開かれている。力作178点が並び、来館者が熱心に鑑賞している。入場無料で、21日まで。

 写真展は毎年この時期に開き、9回目。会場内には三瓶山、石見銀山遺跡といった大田市内の名所旧跡や大山寺、姫路城、羽田空港など県外の観光スポット、動物、人物まで、多彩な被写体を収めた作品がずらりと並ぶ。

 昨年3月末に廃線となったJR三江線をテーマとした作品も目立った。

 地元の大田、邇摩両高校の写真部も出品しており、市文化協会の石賀了会長は「市民が自由に写した作品を、多くの方が鑑賞することで写真の楽しさが伝わったり、地域の写真文化の向上につながったりすればいい」と期待した。

 21日の開催時間は午前9時~午後4時まで。

2019年3月21日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ