園児 打撃体験に笑顔 浜田高野球部員が教室

浜田高校の野球部員たちと一緒に野球を楽しむ園児たち
 浜田高校(浜田市黒川町)の硬式野球部員による野球教室が27日、浜田市久代町のうみかぜ保育園であった。同園の年長児16人が部員たちとキャッチボールや打撃体験を楽しみ、野球の魅力に触れた。

 野球教室は、子どもたちに野球への関心を高めてもらおうと同部として初めて開催し、2年生部員9人が参加した。園児たちは鬼ごっこで体を温めた後、ウレタンボールを使ったキャッチボールやボールを打つ練習を一緒に体験。部員たちからボールの投げ方やバットの持ち方を教わった。

 続いて三角ベースのミニゲームがあり、園児たちはボールがバットに当たると歓声を上げて走り、野球の楽しさを体感した。

 三浦隼大ちゃん(6)は「バットを振ったり、走ったりしてとても楽しかった」と笑顔。同部の笹田海さん(17)は「野球に親しみ、大きくなっても野球を続けるきっかけになるとうれしい」と話した。

2019年2月28日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ