アクアス入館者888万8888人 開館から19年

砂田忠館長(左端)から記念品を受け取る太田悠仁ちゃん(中央手前)
 浜田、江津両市にまたがる水族館アクアスの入館者が13日、開館から888万8888人に達し、記念の入館者となった愛知県岩倉市の太田悠仁ちゃん(3)に記念品と花束が手渡された。

 悠仁ちゃんは、母の江里菜さん(30)と弟と浜田市に帰省し、祖父母と5人で来館した。

 同館入り口であったセレモニーでは、太田さん家族と砂田忠館長(78)がくす玉を割った後、砂田館長が悠仁ちゃんに、記念品としてシロイルカの特大縫いぐるみを手渡した。家族3人に年間パスポートも贈呈した。

 悠仁ちゃんは「うれしい。シロイルカを見るのが楽しみ」と笑顔。江里菜さんは「びっくりした。シロイルカの縫いぐるみももらえて、子どもも喜んでいる」と話した。

 同館は2000年4月にオープン。初年度は約135万人の来館者があり、16年5月5日に800万人を達成した。今回の達成を記念し、背中の模様が数字の8に見える「ハチノジフグ」7匹を館内で展示している。同館は19日、シロイルカパフォーマンスプールにシーリャとミーリャの父、ケーリャを移動させ、3月中に親子3頭でのパフォーマンスを目指す。

2019年2月14日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ