NY円、一時110円46銭 昨年末以来の円安水準

 【ニューヨーク共同】週明け11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は円安ドル高が進み、一時1ドル=110円46銭と昨年末以来の円安水準をつけた。

 米中貿易協議の進展期待から投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、相対的に安全な通貨とされる円を売って、ドルを買う取引が優勢となった。

 午後5時現在は前週末比63銭円安ドル高の1ドル=110円33~43銭。ユーロは1ユーロ=1・1270~80ドル、124円40~50銭。

共同通信社 2019年2月12日 無断転載禁止