小平奈緒2位、連勝ストップ 世界距離別スケート

 女子500メートルで2位だった小平奈緒=インツェル(共同)

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権第2日は8日、ドイツのインツェルで行われ、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は37秒20で2位となり、この種目の国内外での連勝が37で止まった。バネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が37秒12で優勝。曽我こなみ(日本ハウスH&R)が37秒60で3位に入り、辻麻希(開西病院)は7位だった。

 男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大)村上右磨(村上電気)長谷川翼(日本電産サンキョー)が滑る。

共同通信社 2019年2月9日 無断転載禁止