更迭の厚労省幹部、5日後に報告 統計不正、解明進まず

 衆院予算委で答弁のため挙手する厚労省の大西康之元政策統括官=8日午後

 衆院予算委員会は8日、厚生労働省の統計不正問題を巡り、更迭された大西康之元政策統括官や、再調査に当たる特別監察委員会の樋口美雄委員長を参考人招致して基本的質疑を実施した。大西氏は毎月勤労統計の不正について「昨年12月13日に初めて知った」と説明し、厚労審議官らへの報告は5日後の18日に部下を通じ行ったと明らかにした。後手に回ったのは明らかで、同省の機能不全を浮き彫りにした。樋口氏は監察委の再調査に関する答弁を拒否。真相解明は進まなかった。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は都内で記者団に「真相が解明されたとは言えない。肝心なところで答えない」と強調した。

共同通信社 2019年2月8日 無断転載禁止