交番で上司射殺判決、懲役22年 当時19歳の元巡査、大津地裁

 井本光巡査部長が射殺された滋賀県彦根市の河瀬駅前交番=2018年4月

 滋賀県彦根市の交番で昨年4月、上司の井本光巡査部長=当時(41)、警部に昇任=を拳銃で射殺したとして、殺人と銃刀法違反(発射、加重所持)の罪に問われた元巡査の男(20)の裁判員裁判の判決で、大津地裁は8日「現職警察官が拳銃を凶器に用い即死させた、空前絶後の重大事案だ」とし懲役22年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 元巡査は事件当時19歳で、弁護側は射殺したことは認めた上で、厳しい指導で精神的にストレスがかかるなどした適応障害で、刑が減軽される心神耗弱状態だったと主張。責任能力の程度が争われたが、伊藤寛樹裁判長は完全責任能力を認めた。

共同通信社 2019年2月8日 無断転載禁止