豚コレラで1万5千頭規模殺処分 5府県に拡大

 豚コレラの感染が確認された愛知県豊田市の養豚場で処分される豚=6日午後1時11分(共同通信社ヘリから)

 岐阜県内の施設で相次いでいた豚コレラは6日、長野、愛知、滋賀、大阪を含めた計5府県に広がったことが確認された。各府県は同日、それぞれの養豚場での殺処分などを実施した。対象は計1万5千頭規模に上るとみられる。

 6日に感染が確定したのは5府県の養豚場6カ所。このうち愛知県豊田市の養豚場がほか5カ所に出荷していた。長野県宮田村へは豚に症状が出た後に搬出しており、農林水産省の小里泰弘副大臣は同日、一連の経緯を疫学調査チームで調べる意向を明らかにした。

 三重県内の養豚場にも出荷されたが、同県は6日、全頭が陰性だったと発表した。

共同通信社 2019年2月6日 無断転載禁止