女子ログ お気に入りの図書館

 図書館が好きでよく利用している。

 隣の市にある新しく大きな図書館は、自動貸し出し機がすごい。借りたい本を10冊重ねて置いても機械が一度に情報を読み取り、借りることができる。

 貸し出しカードにその場で印字され、自分が借りている本を確認できる。インターネットの登録をしておけばこれも便利。いつでもどこでも貸し出し延長の操作ができ、読みたい本を予約することもできる。

 一方、家から近い市図書館は、なかなかレトロ。県内いくつかの図書館に行ったことがあるけれど、貸し出しカードがないというのはここだけ。借りるときはカウンターで名前を言って、それぞれの本に貼り付けてある貸し出しカードに日付印を押してもらう。

 押される日付は2週間後の返却日。本を読みながら返却日がいつだったかすぐに確認ができる。そして、自分より前に借りた人の日付を見るのが面白い。その年に何度も借りられた本だったり、昭和の日付だったり。数十年ぶりの貸し出しや、自分が一番に借りたときはなんだかうれしい気分になる。

 蔵書数や便利の良さだけでは比べられない。近代的な大きな図書館も、こぢんまりとしたレトロな図書館も、どちらもわが家のお気に入りの場所。これからも大いに利用したい。

 (江津市・珈琲豆)

2019年2月6日 無断転載禁止