「米国第一」へ選択迫る トランプ大統領、一般教書演説

 5日、米連邦議会議事堂で一般教書演説をするトランプ大統領=ワシントン(AP=共同) トランプ米大統領による一般教書演説会場の連邦議会議事堂=5日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日夜(日本時間6日)、上下両院合同会議で一般教書演説を行い「国民の生命と雇用を守る移民制度をつくる道義的義務がある」と不法移民対策の強化を訴え、目玉政策であるメキシコ国境の壁建設への決意を重ねて表明した。対立する民主党が下院の多数派を握ったことで重要政策が停滞する中、「米国第一を心に刻まなければならない」と強調し、「偉大さへの選択」を迫った。

 老朽化したインフラの整備など超党派で取り組む「米国再建」事業を挙げて結束を呼び掛け、外交でも国益を優先する米国第一主義を再び宣言した。日本への言及はなかった。

共同通信社 2019年2月6日 無断転載禁止