17年点検でも不適切処理を確認 中央省庁の138統計

 総務省=東京・霞が関

 統計不正問題に絡み、中央省庁が2017年にも377統計の一斉点検を実施し、約4割の138統計で不適切処理を確認していたことが5日、総務省の公表資料や取材で分かった。うち16は基幹統計だった。統計制度を所管し、点検を要請した総務省は再発防止策を講じたが、教訓は生かされなかった形だ。

 この点検による問題判明分には、不正調査が長期間続いていたことが明らかになっている毎月勤労統計や、賃金構造基本統計は含まれておらず、ともに厚生労働省が報告していなかった。

 点検は16年末に発覚した経済産業省による「繊維流通統計調査」の不正問題を受けて実施した。

共同通信社 2019年2月5日 無断転載禁止