米朝首脳再会談へ大詰め 非核化と見返り措置協議

 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(米国務省提供・共同)

 【ソウル、北京共同】韓国を訪れている米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は6日、北朝鮮の平壌を訪問し、2月下旬開催で合意している米朝首脳再会談に向けた実務協議を行う。北朝鮮による非核化措置と米側が見返りとして提供する「相応の措置」でどこまで歩み寄れるかが焦点で、事前交渉は大詰めを迎える。トランプ米大統領は6日にも再会談の日程や場所を発表する見通しだ。

 米側は再会談で核・ミサイル計画の全容についての申告や検証、廃棄に向けた枠組みで合意し、具体的な行程表づくりに進みたい考えだ。

 開催地はベトナムが有力視されており、25日前後の中部ダナン開催が取り沙汰されている。

共同通信社 2019年2月5日 無断転載禁止