日独首脳、情報協定で大筋合意 メルケル首相が訪日

 会談前に握手する安倍首相とドイツのメルケル首相=4日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は4日、ドイツのメルケル首相と官邸で会談し、安全保障分野での連携を強化するため、機密情報の交換を可能にする「情報保護協定」の締結で大筋合意した。米中の貿易摩擦が続く中、自由貿易体制の維持に向けて協力する方針で一致した。

 協定の締結により、両国間で軍事機密やテロ情報の交換が容易になる。ドイツ側が中国の海洋進出を背景に、インド太平洋地域の安定に関心を向け始めていることを踏まえ、同地域での協力につなげたい考えだ。

 安倍首相は会談後の共同記者会見で「自由で開かれた経済システムの維持、強化に日本とドイツで緊密に協力していく」と強調した。

共同通信社 2019年2月4日 無断転載禁止