スサマジ逃げ切り 7連勝 Bリーグ2部

【第37戦・島根-八王子】第3クオーター、島根の佐藤がシュートを決める=鐘山スポーツセンター
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区2位の島根スサノオマジックは3日、アウェーの鐘山スポーツセンター(山梨県富士吉田市)で第37戦を行い、中地区最下位の東京八王子ビートレインズを70-63で破った。連勝を7に伸ばし、通算27勝10敗。勝敗数で並び、当該対戦成績(得失点差)で上回る西地区首位の熊本も勝ったため、順位は2位で変わらない。

 島根はリバウンドで勝り、第2クオーター終了時に19点差をつけた。後半はアレン、エチェニケのファウルが積み重なり、八王子に詰め寄られた。

 第38、39戦は9、10の両日、ホームの松江市総合体育館で西地区5位のバンビシャス奈良と対戦する。

 ◇第37戦(3日・鐘山スポーツセンター、616人)
島  根  70 20-10 63 八王子
27勝10敗   20-11   6勝31敗
         19-18
         11-24

 【評】前半に大量リードした島根が逃げ切った。

 第1クオーターはリバウンドで優位に立つと、アレンが素早くゴールに迫って得点を重ね、20-10とした。第2クオーター前半はパスミスが目立ち、得点機を生かせない中、厳しいマークでパスコースをふさぎ、失点を抑えた。残り約3分で一挙12点を奪ったのが大きかった。

 後半はムードが一転し、我慢の展開となった。第3クオーター途中でアレン、エチェニケがともに四つ目のファウルを取られると、アレンがベンチに下がる時間が増え、リバウンドで劣勢になった。

 第4クオーターはシュート精度を欠き、7点差まで詰め寄られたが何とか振り切った。

2019年2月4日 無断転載禁止