厚労相、監察委調査で陳謝 お手盛り批判に、衆院予算委

 衆院予算委で答弁する安倍首相=4日午前 衆院予算委で質問する自民党厚労部会長の小泉進次郎氏(左手前から2人目)。右端は安倍首相=4日午前

 根本匠厚生労働相は4日の衆院予算委員会で、厚労省による毎月勤労統計の不正を調査する特別監察委員会の中立性が疑われているとの指摘に「第三者性を強調し過ぎた点は反省している」と陳謝した。監察委を巡り、根本氏は「第三者性は担保されている」と強弁してきたが、厚労省幹部が聴取に同席するなど、お手盛り調査との批判が強まっていた。自民党の小泉進次郎氏は不正の報告を受けながら、翌日に勤労統計の確報値を公表した点について「大臣の責任もある」と指摘した。

 安倍晋三首相は続発する統計不正に関し「総務省統計委員会に検証部会を設置し、徹底した検証を行う」などと述べた。

共同通信社 2019年2月4日 無断転載禁止