一般統計も「徹底検証」、首相 厚労省不正で、衆院本会議

 首相官邸に入る安倍首相=31日午前

 安倍晋三首相は31日の衆院本会議の代表質問で、厚生労働省による毎月勤労統計の不正問題を巡り、総務省の統計委員会に新たに設ける専門部会では、国の統計の柱になる基幹統計だけでなく、233ある一般統計に関しても十分に調べる考えを強調した。「徹底して検証する」と述べた。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は統計不正の問題について「厚労省は猛省すべきだ」と批判。首相は不正を再調査する「特別監察委員会」に関し「事務局機能も含め、より独立性を高めた形で、さらに厳正に調査を進める」と語った。

共同通信社 2019年1月31日 無断転載禁止