北朝鮮、中国に漁業権売却し外貨 安保理制裁違反

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが近くまとめる報告書で、北朝鮮が制裁に違反して中国の漁業関係者に漁業権を売却し、外貨を獲得していると指摘する見通しになったことが30日、分かった。外交筋が明らかにした。

 同報告書が漁業権を巡る制裁逃れの実態に触れるのは初めて。パネルは北朝鮮の重要な収入源とみている。

 安保理は2017年12月、北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて制裁を強化。北朝鮮の漁業権の売買も禁止した。

共同通信社 2019年1月31日 無断転載禁止