中国、華為とCFO起訴に猛反発 米国との対立激化へ

 北京の中国外務省で記者会見した耿爽副報道局長=29日(共同)

 【北京、上海共同】中国外務省の耿爽副報道局長は29日、米連邦大陪審が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と副会長兼最高財務責任者(CFO)を務める孟晩舟被告を起訴したことについて「米国は国家の力を動員して特定の中国企業をおとしめ、打撃を与えている」と強く非難した。米国との対立激化は必至だ。

 米国が孟被告の身柄引き渡しをカナダに正式要請したことについても「強い不満と断固たる反対を表明する」と述べ、要請の撤回を求めた。

 習近平指導部は、ファーウェイ問題を国家レベルの対立だととらえて対処する構え。米国との貿易協議は続けるものの、難航が予想される。

共同通信社 2019年1月29日 無断転載禁止