首相、厚労相の罷免を拒否 統計不正「責任重く受け止め」

 参院本会議で毎月勤労統計の不正調査問題に関する答弁を終え、一礼する根本厚労相(手前)を見る安倍首相。左は麻生財務相=29日午後

 安倍晋三首相は29日の参院本会議で、毎月勤労統計の不正調査問題を巡り、野党が要求した根本匠厚生労働相の罷免を拒否した。「根本氏には不足した給付の速やかな支払いや徹底検証、再発防止に全力で取り組んでほしい」と述べた。「誤った処理を見抜けなかった責任を重く受け止めている」と陳謝しつつ自身への辞任要求も拒んだ。

 立憲民主党の風間直樹氏は、アベノミクス成功の根拠は崩れたと批判。首相は「再集計で下方修正した数値のみを示して成果を強調したことはない」と説明した。連合による賃金関連の調査を引き合いに「所得環境は着実に改善しているとの判断に変更はない」との認識を示した。

共同通信社 2019年1月29日 無断転載禁止