景気拡大、戦後最長に 6年2カ月、「いざなみ」抜く

 建設が続く、東京五輪の選手村の工事現場=東京都中央区 月例経済報告に関する関係閣僚会議に臨む安倍首相(中央)と茂木経済再生相(右端)ら=29日午前、首相官邸

 政府は29日、1月の月例経済報告で、国内景気は「緩やかに回復している」との判断を維持した。茂木敏充経済再生担当相は、2012年12月から続く景気拡大期間が今月で74カ月(6年2カ月)に達し「戦後最長になったとみられる」と記者会見で表明。「いざなみ景気」とも呼ばれる02年2月~08年2月(73カ月)の従来記録を抜いたとの暫定的な見解を示した。

 活発な企業活動と海外経済が好景気をけん引したが、暮らしに実感は浸透していない。報告は35カ月ぶりに世界の景気判断を下方修正し、中国も「緩やかに減速している」に下げた。国内では消費税率10%への引き上げが迫っている。

共同通信社 2019年1月29日 無断転載禁止