スサマジ接戦制す 5連勝 Bリーグ2部

【第35戦・島根-FE名古屋】第4クオーター3分24秒、島根のアレン(中央)がゴール下に切り込んでシュートを決め、67-61とする=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区3位の島根スサノオマジックは26日、ホームの松江市総合体育館で第35戦を行い、中地区2位のFイーグルス名古屋を89-82で破った。今季2度目の5連勝で通算25勝10敗。西地区2位の広島が敗れたため、暫定2位となった。

 前日に続き、序盤でリードしながら追い上げられて接戦となった。第4クオーターで一時2点差まで詰め寄られながら、北川の3点シュートなどで振り切った。

 第36、37戦は2月2、3の両日、アウェーの鐘山スポーツセンターで中地区6位の東京八王子ビートレインズと対戦する。

 ◇第35戦(26日・松江市総合体育館、2106人)
島  根 89 21-17 82 FE名古屋
25勝10敗  19-16    22勝13敗
        18-22
        31-27

「堅守」確立へ手応え

 【評】厳しい守備からリズムをつかんだ島根が競り勝った。

 前半はエチェニケを中心にFE名古屋のインサイド攻撃を止め、アレンの速攻から得点し、第2クオーター終了時に40-33とした。

 第3クオーターに4本の3点シュートなどで追い上げられると、第4クオーター残り4分で2点差に詰め寄られた。直後に北川の3点シュートやフリースローなどで一気に9点を奪い、流れを取り戻した。

2019年1月27日 無断転載禁止