大坂が全豪初V、四大大会2連勝 テニス、アジア初の世界1位確定

 テニスの全豪オープン女子シングルスでペトラ・クビトバを破って優勝し、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=26日、メルボルン(共同) 女子シングルスでペトラ・クビトバ(右)を破り優勝した大坂なおみ=メルボルン(共同) 女子シングルス決勝 ペトラ・クビトバと対戦する大坂なおみ=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】女子テニスの大坂なおみ(21)=日清食品=が26日、メルボルンで行われた四大大会第1戦、全豪オープンのシングルス決勝で、ウィンブルドン選手権を2度制した28歳のペトラ・クビトバ(チェコ)を7―6、5―7、6―4で下して初優勝し、昨年の全米オープン初制覇に続く四大大会2連勝の快挙を達成した。大会後に男女シングルスを通じ、アジア勢初の世界ランキング1位となることも確定した。

 大坂は強打などで第1セットを先取。第2セットは3度のマッチポイントのチャンスを逸して奪われたが、最終セットで気持ちを切り替え、2時間27分の大接戦を制した。

共同通信社 2019年1月26日 無断転載禁止