筒香選手、指導者の意識改革を 「子どもの将来つぶれる」

 勝利至上主義からの脱却を訴えるプロ野球DeNAの筒香嘉智外野手=25日、東京・丸の内の日本外国特派員協会

 プロ野球DeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、都内の日本外国特派員協会で記者会見を開き「勝つことが第一に優先され、子どもの将来がつぶれてしまっている」とスポーツ界の指導者の意識改革を訴えた。

 昨年は日本大アメリカンフットボール部の悪質タックルなど指導者の在り方が問われる問題が多く起きた。「同じ目線で歩み寄り、信頼関係が生まれて子どもたちが成長していく」と指導者が変わることを求めた。

 野球界も勝利至上主義が子どもたちのけがにつながっていると批判。多くの大会がトーナメントで行われることを問題視し「連投、連投で肘や肩の故障が小中学生に増えている」と話した。

共同通信社 2019年1月25日 無断転載禁止