三菱自動車の計画認定取り消し 技能実習生に違う業務

 三菱自動車の岡崎製作所=2016年、愛知県岡崎市

 法務省と厚生労働省は25日、三菱自動車が、岡崎製作所で受け入れていた外国人技能実習生を、計画とは異なる業務に従事させていたとして、実習生27人の計画の認定を取り消した。労働基準法違反があったパナソニックなど3社の実習生の計画認定も取り消した。4社は5年間、実習生の新規受け入れができない。受け入れ先への監督を強化し、2017年11月に施行された技能実習適正化法に基づく措置。

 三菱自動車広報部は「再発防止に努める。実習生を含めた関係の方々におわびする」とコメント。パナソニック広報部は「真摯に受け止める」としている。

共同通信社 2019年1月25日 無断転載禁止